MENU

インフルエンザ予防接種の副作用は大丈夫?

インフルエンザ予防接種の副作用ってどうなの?

 

子供や幼児、赤ちゃんから妊婦さんまで幅広い年代層に摂取されているインフルエンザの予防接種ですが、副作用などの心配はないのでしょうか?

 

厚生労働省のHPには以下の記載がありました。

新型インフルエンザワクチンの接種によって引き起こされる症状(副反応)にはどのようなものがありますか?

 

季節性インフルエンザワクチンの場合、比較的頻度が高い副反応としては、接種した部位(局所)の発赤(赤み)・腫脹(腫れ)、疼痛(痛み)などがあげられます。また、全身性の反応としては、発熱、頭痛、悪寒(寒気)、倦怠感(だるさ)などが見られます。

 

さらに、まれに、ワクチンに対するアレルギー反応(発疹、じんましん、発赤(赤み)、掻痒感(かゆみ))が見られることがあります。接種局所の発赤(赤み)、腫脹(腫れ)、疼痛(痛み)は、接種を受けられた方の10〜20%に起こりますが、通常2〜3日で消失します。全身性の反応は、接種を受けられた方の5〜10%にみられ、通常2〜3日で消失します。その他に、非常に重い副反応※の報告がまれにありますが、ワクチン接種との因果関係は必ずしも明らかではありません。

 

今回の新型インフルエンザワクチンも程度の問題はありますが、同様の副反応が予想されます。実際の副反応については、報告※※に基づき順次公表※※※します。

 


 

引用元:厚生労働省HP

 

インフルエンザの予防接種の副作用報告例

つまり、簡単にインフルエンザワクチンに関する予防接種の副作用をまとめると以下のようになります。

  • 摂取した部位の腫れ・痛み・赤身
  • 発熱・頭痛・寒気
  • だるさ
  • その他に非常に重い副作用の報告(因果関係不明)

 

摂取した部分の腫れ等は10%〜20%の方に起こると言われていますが、2、3日たてば消失するとのことです。
発熱等の全身反応の場合でも2、3日たてば消失するそうです。

 

これらのインフルエンザワクチンの副作用については、さほど問題とならないことの方が多いようです。

 

ですが、心配なのは非常に重い副作用の報告例となっています。
これはまれにアナフィラキシーショックとうの症状が起こる場合があるそうで、摂取後30分以内に起こることがほとんどのようなので、摂取直後は様子を見てください。

 

インフルエンザの予防接種が不安な方へオススメの方法は?

インフルエンザ,予防接種,副作用,子供,赤ちゃん

最近では、R1ヨーグルトがインフルエンザの予防効果があると口コミなどで本当に人気です。

 

貴方のご家庭でもヨーグルトを毎日食べるようにしているという方もいるのでは?
ですが、実はヨーグルトがインフルエンザに効果的だという科学的な証拠を得るまでにはどうやら達してはいないようです。

 

もちろんヨーグルトを摂取してインフルエンザにかからなかったという方もいると思いますが、もっとより確実にお子さんなどをインフルエンザから守る方法があります。

 

それは、そもそものウイルスや細菌を除去してしまえばいいのです!

 

クリニックでも使用されている、DAIANのJOKIN AIRというものがあります。
外から帰ってきて、うがい手洗いは必須ですが、どんなに部屋を掃除していもウイルスまでは掃除できていません。。。

 

そこで、エアコンにつけるだけの簡単な方法で、24時間お部屋を丸ごと除菌!
もちろんエアコンを稼働していなくても気流に乗って部屋に広がります。

 

今、インフルエンザ対策として
「うがい・手洗い・JOKIN AIR」を実践される方が増えているようです。

 

▼保育園やクリニックでも愛用▼

 

インフルエンザ,予防接種,副作用,子供,赤ちゃん

 

▲特許技術の力で部屋中に効率的に作用▲

 

 

 

[PR]消臭もできる除菌方法の決定版!?

JOKIN AIR